美容師について考える

美容師について考える〜これからの美容師〜

これからの美容師

全国にはどのぐらいの美容室があるか知っていますか? およそ23万件と言われています。この件数と言うのは他の業界と比べてもかなりの店舗数だと言えるようです。たとえば全国のコンビニの件数が5万件ほどだと言われていますから、それだけでもいかに店舗数の多い業界か、と言う事が分かると思います。そして今でもなお、この店舗数は増加の傾向にあるようですから、それに伴って美容師の人数も増えているようです。全国の美容師の人数は47万人程度と言われています。最近の美容室の傾向として価格競争が激しくなっている事があげられます。綺麗になれる美容室それに火をつけたのがいわゆる激安美容室の登場です。「1,000円カット」と言う言葉が定着し、美容師の知名度だけで高い料金を獲得できる時代は終わってしまったように思われます。それでも美容室というのは、他の業界と違って、機械でオートメーション化を計ったり、外国人を雇って安い人件費で済ませる、と言う事がなかなか難しい業界ですから、池袋 美容室ではどうしても美容師という存在が必要になります。ですからこういう時代であっても、美容師の仕事がない、と言う現象は起こらないと考えられます。しいて言うならば、少子高齢化時代になりますから、美容室を利用する人たちの傾向が変化してくることが考えられます。高齢者向けの出張美容師とか、介護施設での福祉美容などが増えていくことが考えられます。